読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東条の書斎部屋

政治ブログをふと作ってみたくなりました。試験的にやってみます。

桜井誠先生「新党結成宣言」

政治 国内

 

◉あいさつ 

  こんにちは東条です。昨日の深夜にふとブログを立てて早速記事を作りたいと思います。

記念すべき政治第一回目の内容は桜井誠先生「新党結成宣言」』です。

 

 

◉新党結成宣言

  平成28年8月15日の反天連への抗議カウンターにて、マイクをとった桜井先生が演説の中で、東京都知事選以後の活動として新党を結成し新たな政治運動をスタートさせると宣言しました。

 

正直これを聞いて震えましたね!

「ついに桜井先生が国政進出か〜」

政治家にはならないと今まで言っていましたが決心がついたみたいで感動でしたね。

 

  桜井先生は演説で左派勢力並びに諸外国勢力への対立を堅持しつつも、もう一つ新たな敵対勢力を打ち出してきました。それは自民党やその支持団体の「綺麗ごと保守」というものです。特にこの日はその「綺麗ごと保守」が悪目立ちをしていた事がこの演説に現実味をもたせています。

 

◉なぜ「綺麗ごと保守」なのか?

  •すぐに保守から逸脱する

  安倍総理並びその側近は中韓を刺激しまいと今年も参拝しませんでした。特に稲田朋美防衛大臣終戦の日にまるで旅行のような格好で出張していました。本当に彼らは英霊に感謝しているのでしょうかね。

f:id:TojoYamato:20160817173812j:image

ジブチたのしみ〜」と今にも言いそうなかっこうですよね!?

 

  しかも終戦の日内政干渉しただけでは飽き足らず、中国は尖閣諸島へ武装艦を派遣

韓国は竹島に議員団を上陸させました。日本政府はこれに遺憾砲を発射しただけに止まりました。

参拝もしないし中韓に好き勝手を許す。

 

「これが保守のやることかよ!!」

と怒りが湧き上がってきて仕方ありあません。

 

 

  •保守が反日勢力を批判しない

    普段は保守を名乗っておきながら、いざという時には逃げていると桜井先生は批判しておりました。

「出て行けなんて下品だ」

「冷静になるべき」

などと構え主義も守れず行動もしない保守を見限り、新党結成によってどちらの保守が勝つか挑戦するようです。

 

◉さいごに

  この事から都知事選挙が終わり大人しくなると思った左翼さんサイドは残念でしたね笑。桜井先生や行動する保守はまだまだ元気たっぷりのようです。私も桜井先生を応援していきたいと思います。

それでは今日はこれで終わりたいと思います!

 良い1日を。