読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東条の書斎部屋

政治ブログをふと作ってみたくなりました。試験的にやってみます。

さよなら左翼 犯罪者脱原発テントを粉砕

政治 国内

はじめに

こんにちは!東条です。

ついにあの不法行為がついに終わりを告げました。

そう、反原発テントの違法占拠が終わりを告げたのです。

今日はそのお祝いで書こうと思います。

 

脱原発テントの簡単な歴史

もともと、この脱原発テントとは何なのでしょうか?

遡って見てみましょう。

 

2011年

3月11日*1

東北地方太平洋沖地震を主因に福島第一原子力発電所事故が発生すると、地震による原子力事故への危惧が高まり、東京や福島県浜通りなど全国各地で、原発の廃止を求めるデモ活動が行われるようになった。

 

6月11日*2

新宿で主催者発表で約2万人が参加するなど[8]、「6・11脱原発100万人アクション」としてデモやイベントが全国各地で開かれ、参加者は合わせて朝日新聞によれば7万9千人と報じられた

 
9月11日

J-castニュースから*3

テントは2011年9月11日、敷地内の公共スペース「ポケットパーク」(約89平方メートル)に、経産省前で行われていた抗議活動に乗じる形で設置された。24時間人が常駐し、ビラ配りなど抗議活動の拠点として利用されてきた

(中略)

テント側は「表現の自由」だと正当性を主張した

 

彼らの正体 

なるほど報道を見てると自主的に集まった市民が、怒りの声を上げているように見えるが…

こんな情報を見つけてしまった。

 

 公安調査庁より*4

東北地方太平洋沖地震に起因し,東京電力福島第一原子力発電所において 深刻な事故が発生したが,これを受けて,過激派は,反原発を重点闘争課題 の一つに掲げ,経済産業省東京電力本店前で全原発の即時停止・廃炉を訴 える抗議活動を実施する(3月,4月)など,政府や電力会社に対する批判を 繰り返した。

また,反原発団体などが主催した全国一斉行動(6月11日,9月 11日)や脱原発」を訴える集会(9月19日,東京)に全国の活動家を動員 し,原発の停止・廃炉を訴えながら自派の機関紙やビラを配布するなどの 宣伝活動に取り組んだ。

過激派の中でも,中核派中央派は,反原発運動の高まりを自派の勢力拡大浸透の好機と捉え,原発団体などが主催 した様々な集会に活動家を動員してビラ 配布や署名活動を行ったほか,各地で同 派独自の集会・デモを実施し,さらに, 8月には,「すべての原発いますぐなくそ う!全国会議」(略称「NAZEN」)を立ち上げるなど,反原発を掲げた活動に 積極的に取り組んだ。

長いので要約すると

極左暴力団体が原発事故に乗じて反原発活動で勢力拡大している…

 

「こいつら憲法云々よりも自分が違法なことやっとるじゃん!」

 

極左が左翼の活動に寄生して(もちろん親和性が高いから可能)脱原発活動を行っているとうことは、普段から憲法守れとか言ってる奴らが法律を犯して国民の土地を占拠してるってことですよ。

こんなふざけたダブルスタンダードを許すべきでない事は誰でもわかることですね。

 

極左根絶のためにも必要

さあそんな違法脱原発テントですが、4年の時を経てついに強制撤去されることになりました。*5

東京・霞が関経済産業省敷地内に脱原発を訴えている市民団体が違法にテントを設置してきた問題で、国が確定判決に基づく強制執行を申し立て、21日に東京地裁の執行官がテントを撤去した。国が立ち退きを求めた訴訟で市民団体側の敗訴が今年7月に確定して以降も、自主的に撤去しなかったための措置。テント設置から1800日余りを経て、国有地が正常な状態に戻る。

 

私は原発事故によって脱原発の左翼が幅をきかせやすいようになってしまう事で、極左の勢力が拡大して国内が不安定になることを考えると、今回の左翼のシンボルであったテントが無くなった事は極左根絶の観点でも必要だと私は思います。

 

 さいごに

今回で一応違法状態はなくなったかもしれませんが、これから先いろいろな違法行為を彼らがやらないとは限りません。その度に政府がどうこうするのでまた数年かかってしまうのではやはり納得はいきません。

 

本来は愛国心溢れる日本人がその度に違法行為を非難し、ふざけた極左を日本から叩き出さなければならないのです。

次はないぞ極左共と彼らと対峙しなければならないのです。

私はそう思います。

 

それでは今日はこれで終わりにしたいと思います。

それではさようならー

 

*1:原子力発電所反対デモ」『Wikipedia』平成28年8月20日、<https://ja.m.wikipedia.org/wiki/原子力発電所反対デモ>、平成28年8月24日。

*2:原子力発電所反対デモ」『Wikipedia』平成28年8月20日、<https://ja.m.wikipedia.org/wiki/原子力発電所反対デモ>、平成28年8月24日。

*3:経産省前の「脱原発テント」 4年間も撤去されないのはどうしてか」『J–CASTニュース』2015年8月11日、<http://www.j-cast.com/2015/08/11242514.html>、平成28年8月24日。

*4:「内外情勢の回顧と展望」『公安調査庁』平成24年1月、<http://www.moj.go.jp/content/000084409.pdf>、平成28年8月24日。

*5:脱原発テント、ようやく撤去、違法設置1800日余・・・確定判決後も市民団体側が立ち退き応じず」『産経ニュース』2016年8月21日、<http://www.sankei.com/affairs/news/160821/afr1608210002-n1.html>、平成28年8月24日。